今月の予定

代表メッセージ

代表幹事

野杁 育郎

平成6年(1994年)春、大阪は西区・川口安治川沿いの倉庫を改造したスペースに数人のメンバーが集まった。長らく大阪のまちづくりを実践、チャレンジしてきた面々である。

「まちづくりをイベントや提言ばっかりやなく、なんか具体的なアクションにでけへんやろか?」夜な夜な集まり知恵とアイデアを出し合う。メーカー・デザイナー・商業者・学識者・・その輪は徐々に広がっていった。
彼らは、多くの市民イベントや商店街活性化に関わった経験から、継続性と収益性の追求を意識した。
「儲けるだけではアカン、文化や社会性にもこだわらな・・・」そんな議論の中心にあるのは、もちろん「わがまち・大阪」であった。平成8年4月、設立準備会がミナミ法善寺の料理屋で行なわれた。

この頃には、準備段階から加わっていたさらに多彩な業種・業態のメンバーが30人ほどに広がっていた。
「なにわ」にこだわり7月28日を設立総会の日と決定。大阪で初の異業種ネットワーク「なにわ名物開発研究会」のスタートである。
業種・業態はもとより様々な異分野の人たちが「大阪を元気にする」という旗印のもと、多くの変人(変革の志しの人たち)が集まる。
『大阪固有地域資源を活用』『文化の仕掛けで客を呼ぶ』『私たち一人ひとりが主役』さまざまなメッセージを投げかけ、「いちびりとはんなり」「ほんまもん」「しなやか・のびやか・したたかなネットワーク」・・・時代を先取りするキーワードとともに大阪の魅力・元気づくりに取り組んでいった。

設立翌年から始まる「なにわ大賞」では、大阪一のいちびりさん募集の呼び掛けのもと大阪の活性化に取り組む人々との出会いを実践。
授賞式(贈呈式)を「も~て~式」としたネーミングにこの会のスピリットが凝縮されている。

時代は令和となり、日々「文化・芸能」「歴史」「ビジネス」「商品開発」「まちづくり」「観光」・・・縦糸、横糸と柔軟にネットワークを駆使して課題解決に今日もチャレンジしている。

新規会員募集中!

ご質問・ご相談などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら